最も価値のある写真ベスト5

写真の魅力は、世界中で開催される写真展を見れば一目瞭然です。高価な写真がオークションに出品されているのをご存知でしたか?ここでは、過去に販売された写真の中で最も高価な写真をご紹介します。

Phantom Peter Lik

201412月現在、史上最も高価な写真の値段は650万ドル(約6億円)です Phantomは、オーストラリアの風景写真家Peter Likがアリゾナのアンテロープキャニオンを撮影したモノクロ写真で、広大な土地に突き刺さる一筋の太陽光がまるで亡霊のように見える作品です。11月にコレクターが落札しましたが、この取引にはいくつかの懸念がありました。

この写真は、本当に650万ドルの価値があるのかということです?アンテロープキャニオンに行ったことがある人ならわかると思いますが、ガイドが観光客を全員同じ地点に立ち寄らせて、全員が同じショットを撮れるように誘導してくれます。 幻の形を作るために、ガイドは砂を投げるのです。アンテロープキャニオンを訪れた写真家全員がこの写真を撮るチャンスがあるのです。

Andreas GurskyRhein II (1999)

2011118日、ニューヨークのクリスティーズでAndreas Gurskyの画像が4,338,500ドルで落札されました。ヨーロッパにおける戦後および現代美術部門の責任者であるフランシス・アウトレッドによれば、その大きさと技術に加え、数が少ないことが高騰している要因です。

3点が美術館に収蔵され、他の3点が展示されています。その他にも、1点が私立美術館に所蔵され、2点が個人コレクションとして保管され、1点が個人の美術館に所蔵されています。

Richard Prince Spiritual America (1983)

1983年に制作されたエクタカラープリントで、2014512日に3,973,000ドルで落札されました。Garry Gross10歳の頃のBrooke Shieldsを撮影した写真の「リフォト」であり、いくつかの議論を巻き起こしました。プリンスはオリジナルの写真を撮ったわけではなく、写真の写真を撮ったということです。

Cindy ShermanUntitled #96  (1981)

Cindy Shermanの自画像の写真は、20115月、ニューヨークのクリスティーズで3,890,500ドルで落札されました。この写真は、彼女が27歳のときに雑誌「Artforum」のために撮影したもので、同誌はこの写真を掲載しませんでした。同じ写真の7枚目のプリントも、20125月に288万ドルでオークションにかけられた経歴があります。Cindy Sherman2012年にMOMASFMOMAで有名な個展を開催しており、それが後押しとなったと思われます。

Untitled (cowboys)- Richard Prince 

Richard Princeのもうひとつの作品「Untitled (Cowboy)」は、2014512日にニューヨークのクリスティーズ・オークションで3,749,000ドルで落札されました。彼の絵画の1枚も約850万ドルで落札されたのです。1998年、彼は処刑されてしまい、この2つの作品のみが残っています。